ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 六島帰郷 | main | 六島インターン報告会 @六本木農園 >>
2013.05.12 Sunday

THINK 六島


こんにちは。

前回、5月2日に六島に帰郷しましたが、その続きがありました。

翌3日の日は岡山市の犬島という離島で犬島時間というアートプロジェクトに参加し、
4日は六島の隣の真鍋島で笠岡市の重要無形民俗文化財にもなっている
真鍋島 走り神輿を見てきました。

その威勢というか、迫力ときたら、すごい。


途中、写真を撮っていたおじいちゃんが押し倒されて
担ぎ手も、観てる人も油断はできないなと感じた。


走り神輿は1基に8人、3基あるので24人の担ぎ手が必要なのだが、
島における過疎化や高齢化があって、担ぎ手の確保が難しい。
賑やかなお祭りも様々な問題を内包している。







祭りがお昼に終わったため、14時の船で六島へ。
あれ、また来たの? という島の人の反応も見受けたが
はい、また来ました(笑)

教会で少し休んで、新しくなった波止を歩いたり。
六島の海はきれいで、魚影がいっぱい見える。
鱚を釣っている釣り人もいた。


そして、3月20日ぶりのドラム缶会議に出陣。
その場は変わらず。

あの時はドラム缶の周りにいないと寒かったけど、もうその必要もない気候。
ゴールデンウィークということで帰郷している人も多く、20人近い人が集まっている。

七輪の上には穴子。

穴子だけじゃない。
焼き鳥、焼肉、サーモン、めんたいこ、ちらしずし.... 居酒屋並みの品々。

右手に氷結、左手にめんたいこきゅうり。


人が多くて、ほんとにびっくり。
若い女の人が歩いていたり、
六島、元気だなあ。

その晩は教会でお世話になり、
朝便で六島とお別れ。

お見送りありがとう!次に来るのは夏の植えるカムツアーだろう。



笠岡に着いてからは、藤井さんにお世話になり
岡山のヘソ、吉備中央町で田植えをしてきました。

農家の人と話しながらの田植え。
「実際に田んぼに入ってみないと、微妙な勾配とかは分からない。」
何事も実際にやってみることで、分かることがあるのだろう。

笠岡諸島や、犬島と、岡山の海辺ばかりを行動していたが
岡山には山もある。ハレの国、岡山イイね!





そして、約10日ぶりに地元埼玉へ帰ると、
以前、六島に来てくださった絵葉書教室の方々からの絵葉書が。


絵葉書のもつ質感というか、暖かさがすごくイイ。
夏の植えるカムツアーのお知らせもしてくれるということで、
ぜひ六島にまた来てくれたらなあ。

さらに、六島へ水仙を見に来ていただいた、
笠岡商業高校の校長先生のブログでも紹介していただき
植えるカムツアーにも、ぜひ来てくれたらなあと。


六島インターンから帰ってきて、そして再び六島へ帰って、
六島に観光に来てくれた皆さんとのやりとりがあって。思うことは

六島という小さい島に、冬になると咲く水仙を見に、
多い日は1日で100人以上の観光の人が来てくれる。
1日に何千人、何万人と人が来る観光地に人数ではかなわないが
そのかわり、来てくれた1人1人に対するもてなしは、よりできると思う。
家に届いた絵葉書やお便りを見て、そう強く感じる。










2017.08.25 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR