ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 実は、六島に行ってきました。 | main | 大鳥神社大祭2013 >>
2017.08.25 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.08 Sunday

六島歴

こんばんは。
ご無沙汰しておりました。松本です。

「六島すたいる」、更新します。
もう12月、2013年も残りわずかとなってきて、思い返すと
「六島」という島を初めて知ったのがちょうど去年の今頃だったなと。

自分の周りで企業や官庁へのインターンシップへ行こう!という人が多く
(とても他人に影響されやすい性格のため....)
自分もインターンしないとなーと悩んでいて
Googleに「インターン 島」で検索したなーたしか。

そして最初に出てきたのが、この六島(むしま)でのインターンシップ。
”課題最先端の島” の文言がwebページにあって、惹かれて
エリアイノベーションの藤井さんとやりとりをしていって
今年2013年の年明けに六島へ行くことが決まったんだよなあ。

六島から香川県の讃岐富士を眺める


そして2/7〜3/21の期間六島で過ごし

GWに六島へ帰り
帰省する人の多さに驚く。

7月には岡山県の内陸
西粟倉村で六島インターンシップの事例を発表し
中四国で様々に活動している人たちの話を聞き刺激を受ける。

8月は再び六島へ帰り
水仙の球根を植える、その名も「水仙植えるカムツアー2013」に参加する。
六島は水仙が観光資源としてあって、毎年冬には観光の方が島に溢れます。

岡山県で最初に作られた六島灯台と水仙


そして10月
六島へ3度帰って、六島のお祭り
「大鳥神社大祭」に参加し、回し神輿を担ぐ。
よーまっせ!よーまっせ!と右手でとにかく回す。
遠心力で飛ばされぬよう左手で前の人の腰に巻かれた手ぬぐいを掴む。

六島から帰って、今度は横浜 関内にて
六島インターンシップの事例を発表。
ありがたいことに優秀賞をいただく。
(http://youtu.be/9kJRz9Wf99c) URLは発表の動画です。
日本各地でインターンシップしている同じ学生の発表を聞き、また刺激になった。

つい先々週、11月は
日本各地の離島が池袋に集まり島の魅力などを伝える「アイランダー2013」に参加。
笠岡諸島のブースにて六島インターンシップの説明をしていました。

さっきから六島!六島!と言っているが、六島は笠岡諸島に属しています。
笠岡諸島の六島です。他に高島・白石島・北木島・真鍋島・飛島(大飛島/小飛島)があって
有人6島の諸島です。

そのアイランダーには笠岡諸島をはじめ
北は北海道の離島から南は沖縄の離島までたくさんの離島のブースがあり
松本は終始ワクワクしていました。ほんとにもう。

六島から見えるいりこで有名な伊吹島の方と話し、ずっと気になっていた
「六島から伊吹島は見えてるけど、伊吹島から六島は見えているんですか?」
という質問をしたら「もちろん見えてるよー水仙の有名な島だよな」
と言われて、嬉しかった。

そして、舞台は違えど、他の島でインターンであったり
なにかプロジェクトに関わっている学生の人達(アイランドラバーズ(仮))
と話したりもして、これもワクワク。

そんなこんなで今年1年は六島、島な1年だったなあと。
そしてそして、今3年生の松本はいわゆる就活(明日もスーツを着て渋谷へ行く)をしている。

さっきまで刺激を受けたーとかワクワクしたーと曖昧な言葉で書いたけれど
その先へ進んでいくのがこれからだと感じていて、今はいろいろ考えています。。。

島や、1年生の時から近くにある奨学米(http://syougakumai.com/)、各地でのことを
思い出しながら、やっていこう。


また水仙の咲く頃に六島へ帰りたいなーと
今は計画をしている。この冬にはまたインターン生が六島へ入る予定です。
その応援も兼ねて。

ドラム缶会議にも。


では!





 
2017.08.25 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR